キャットフードとは

ペットを飼う時、どのような食べ物を与えるかと言うことはとても大事なことです。
ドッグフードのことは多くの人たちが理解しているつもりでいます。
しかしドッグフードとキャットフードと何が違うのかと質問されて答えることが出来るでしょうか。
ペットフードは、スーパーマーケット、ホームセンターで購入出来、今やたくさんの銘柄、種類を見ることが出来ます。
ドッグフードとキャットフードと動物によって種類が分けられている訳ですから当然中身も違うということになります。

生態系の違いを明確にすれば、猫の方は、かなり多くの栄養を必要とするかなりら繊細な動物として捉えることが出来ます。
猫は犬と比較すればビタミンを多く必要とします。
そして猫はナイアシンというビタミンB群である成分を身体の中で合成することが出来ません。
βカロテンを摂取すれば体内でビタミンに形を変えることになりますが、猫はそうではありません。
猫は特に目が優れていると言う訳ではなく、狩猟動物と言うことなので、目の健康はより以上守られていかなければなりません。
その為には、タウリンなど成分を欠かすことが出来ないと言います。

だからキャットフードの場合、ドッグフード以上ペットに対しての配慮が必要とされ作られていると言えます。
猫にドッグフードでいいかと言えば、猫の方が嗜好性が高く我が儘であり、ドッグフードは味が薄くてなかなか満足しないといいます。
ここでは更にドッグフード、キャットフードを追求します。

Copyright © 2014 キャットフードとドッグフードの違いってあるの? All Rights Reserved.